マンガでわかる不動産売買
  vol.2 査定は売れる保証ではない? >>

vol.1 バイヤーズエージェントとは?
マンガでわかる不動産売買

物件ごとに担当者を変えるより、あなたのニーズを良く理解する担当をご購入のエージェント(代理人・交渉人)にすると楽で安心ですよ。アメリカでは仲介業者は原則として売り側か買い側かいずれか一方のエージェントになります。誰の為に働くかをはっきりさせるわけです。日本では仲人的な仲介が長く行われて来ましたが、朝日住宅はどちらか一方のエージェントの割合がとても多い会社です。もしあなたがご希望の物件を見かけたら、朝日住宅の担当によく調べさせたり、交渉を任せたりすることができます。

バイヤーズエージェントとは? 査定は売れる保証ではない? 朝日住宅の買取保証制度とは?
リフォームしたら高く売れる? 資金計画の落とし穴に注意 現地見学は何回までできるの?

このページのトップへ